ここから本文です

日本ゲーム大賞2019 アマチュア部門、最多応募の大賞に輝いたのはHAL東京の『ORBITS(オービッツ)』【TGS2019】

9/14(土) 16:32配信

ファミ通.com

 一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)では、“日本ゲーム大賞2019 アマチュア部門”の受賞10作品の中から『ORBITS(オービッツ)』(制作者:OVERWORKS、HAL東京)をアマチュア部門の大賞に決定した。

・ファミ通.com“TGS2019情報まとめ”特設サイト

 “☆”をテーマとした今年のアマチュア部門は、史上最多の553作品の応募があり、一次審査で93作品、二次審査で14作品、そして最終審査にて10 作品が受賞した。本日(2019年9月14日)、発表授賞式が執り行われ、受賞作品の各賞を発表。『ORBITS(オービッツ)』制作者のOVERWORKS へ、アマチュア部門 大賞のトロフィーと副賞として、50万円が授与された。


 ほか、各賞は以下の通り。
“日本ゲーム大賞 2019 アマチュア部門”各賞一覧
ゲームタイトル/制作チーム/学校名


※プラットフォームはすべてPC

大賞
ORBITS/OVERWORKS/HAL東京
優秀賞
Overlay/TeamKoide/名古屋工学院専門学校
ORBITS/OVERWORKS/HAL東京
GLOBE/POTATO CORN/HAL東京
蒸伸機関機構/AD SIX/HAL東京
星座ドロップ/匿名イフリート/HAL大阪
佳作
Asteroad/アステロード/早稲田大学
つなぐスターライン/りょくちゃ/ECCコンピュータ専門学校
PlutoMachina/機械仕掛けの冥王星/ヒューマンアカデミー広島校
ほしピン/カピバラチーム/トライデントコンピュータ専門学校
☆ベンチャー/GOD YOUSUKE/HAL東京


大賞作品 『ORBITS(オービッツ)』(制作者:OVERWORKS、HAL東京)

【作品紹介】
 同心円上を公転する3色の☆を、内側に寄せたり、外にはじいて全て合体させ、白い☆を完成させるアクションパズルゲーム。
 油断して、内側や外側の仕切りのない部分から☆が飛び出してしまうとゲームオーバーに。“寄せる・離す”だけの簡単操作ながら、☆と同色の壁はすり抜けたり、同色の☆どうしが衝突すると逆回転するなど、さまざまな特性を持ったギミックが戦略性を高め、クリアーしたときの爽快感は格別。そして、徐々に難易度が上がるステージと、丁寧なチュートリアル要素。世界観にあったグラフィックやSE、BGMなどを含め、完成度の高い作品。


【審査員コメント】

バンダイナムコエンターテインメント 下元 学氏
 テーマである☆をゲームデザインにうまく落とし込み、独創的なジャンルとしてゲームを構築できていました。
 ☆を“寄せる”、“離す”のシンプルな操作で誰しも簡単にプレイでき、難易度のバリエーションを多く、そして分かりやすくゲームへ落とし込めていました。
 数ある応募作品の中で完成度も非常に高く、ゲームの進行にあわせたチュートリアル要素、ステージが進むことで登場する新しいパズル的要素の登場が、段階的に上手く配置されたデザインだと思います。使用されているサウンドとあいまって高い没入感を生んでいました。
 ステージを通して同じBGMを途切れさすことなく流す工夫も良かったと思います。
 審査時間とは別にプレイを楽しみたい、そんな気持ちにさせる楽しさです。

KADOKAWA 千木良 章氏
 ゲームを触れてわずかの時間で「あ、これはおもしろい!」と感じた作品でした。
 基本ルールは「複数の同心円上を周回軌道で移動する3色の☆を、一斉に“内側”か“外側”の周回軌道に
 移動させて合体させる」というだけのものなのですが、内側や外側の仕切りのない部分に飛び出してしまうとゲームオーバー。さらに軌道上に通行止めの壁のあるステージや、せっかく合体した☆が分離してしまう壁があるステージがあり、単純なルールながら、非常に「楽しく悩める」作品であると感じました。
 「これ、どこで移動させればいいんだろう……」と悩みに悩んだ末に、「あ、ここか!」と気づいた時の快感はなかなかのものです。また、左右のスティックを内側に倒す、外側に倒すといった直感的な操作、シンプルながら世界観にあったグラフィックやSEなど、ゲーム全体の統一感も評価すべき点だと感じました。
 受賞おめでとうございます。ぜひ多くの人にプレイしてみてほしい作品だと思います。

最終更新:9/14(土) 16:32
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事