ここから本文です

よるドラ「だから私は推しました」今夜最終回 ハナのいじめ疑惑真相と花梨の脱退理由にドン引き、ハッピーエンドってある?

9/14(土) 10:44配信

ねとらぼ

トップオタとオフでちょいちょい会ってるアイドルはイヤだ

 小豆沢と、サニーサイドアップのセンター・花梨(松田るか)の手引きでハナと愛は仲直り。火元となったサイトも削除され、ハナもライブに復帰出来ることになったが、ブリザガさん(誰!?)がプロデュースするボーカルユニットに誘われているという花梨が土下座して卒業を懇願。結局、サニーサイドアップは解散することになってしまう。

 たびたび解散の危機を乗り越えてきたサニサイだったが、最終的な解散理由はこんなことかー!

 サニサイ結成前から花梨と知り合っていた小豆沢が引き留めようとするが、ステップアップするために卒業したいという気持ちは固そう。そして、もっと大きな要因は「小豆沢が自分だけを見てくれていない」ということにありそうなのだ。

 ライブ中や、物販中など、ちょいちょい愛のことを気にして目線をやっていた小豆沢。確かに愛と小豆沢の距離感は妙に近いんだけど、そもそも花梨と小豆沢もアイドルとオタクの関係にしては近すぎる!

 アイドルグループのセンターが、トップオタから電話一本で呼び出されたり、ちょいちょいプライベートで会っていたり……こんな事実、他のオタたちは耐えられるのか!? ある意味「過去にいじめをしていた」こと以上にイヤだ。

 まあ、サニーサイドアップみんな、プライベートで一部のオタクと会いすぎなんだけど。もうちょっと管理しようよ、運営……。

 「私の理想は、私だけのオタでいてくれるアズキさんなんです」

 とのことだが、みんなで推してきたグループを解散に追い込んだ理由のひとつが自分にあったと知らされたら、それはそれで耐えられそうにない。いろいろと罪な女だぜ、花梨!

どう転がってもハッピーエンドになりそうもないが……

 解散にショックを受けつつも、解散ライブを盛り上げていこうとしていた愛だったが、そこに突然、厄介オタ・瓜田勝(笠原秀幸)が現れて愛を拉致。

 サニーサイドアップがCMをやっていた「幸せたまご・ランら卵」のパックを壁中に貼って防音室状態にした、サイコパス感全開の部屋に監禁された。ここで卵モチーフのグループ名、卵のCMに出演という伏線が回収されるのかよ! と震えた。

 そこから逃げようとして揉み合いになり、階段の踊り場から瓜田を突き落とした……というのが事件の真相。それだったら正当防衛にもなりそうなものだが……。取り調べをしている刑事(澤部佑)の「あなた、ウソついてますよね」という一言でひっくり返される。

 さっきまで見せられていたのは、このドラマでたびたび用いられてきたウソ回想シーンだったのだ。毎回、これにまんまと感情を振り回されてしまう。

 考えて見れば瓜田が愛を監禁する意味もあまりないし、やはりハナをかばうためのウソだったのか?

 毎回、ハッピーな展開から、ラストで暗ーい気持ちにさせられるというのがこのドラマのお約束だったが、今回はハッピーな展開からの暗い展開からの、さらに暗い気持ちになるパターン。

 最終回は暗い展開からのスタートとなりそうだが、最後はハッピーに終われるのだろうか? 意外とキレ者な刑事が事件の真相を暴いてくれたところで、ハッピーな結末になりそうもないが……。

 次回予告の「推しが導く先は――」という言葉がものすごく意味深だ。とりあえず今夜最終回! すべてが明らかになる(ハズ)。

(ねとらぼGirlSide/北村ヂン)

ねとらぼ

2/2ページ

最終更新:9/14(土) 10:44
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事