ここから本文です

紀平、今季初戦で優勝=羽生はSP首位-フィギュア

9/14(土) 8:06配信

時事通信

 【オークビル(カナダ)時事】フィギュアスケートのオータム・クラシックは13日、カナダのオークビルで行われ、女子フリーで紀平梨花(関大ク)が145.98点でショートプログラム(SP)に続いて1位となり、合計224.16点で優勝した。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)-2回転トーループなどのジャンプを決め、得点を伸ばした。2位はエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)で217.43点。

 男子SPでは羽生結弦(ANA)が98.38点で首位に立った。冒頭のジャンプで転倒したが、続くトリプルアクセルや4回転-3回転の連続トーループを成功させた。 

最終更新:9/14(土) 9:23
時事通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事