ここから本文です

「いざ、触りなさいって言われると恥ずかしくて」 小栗旬、沢尻エリカとの“ラブシーン”にド緊張 撮影初日から「役者失格だなと」

9/14(土) 16:21配信

ねとらぼ

 俳優の小栗旬さんが小説家・太宰治を演じた映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」が9月13日から公開。14日には、公開記念舞台あいさつが行われ、小栗さんを始め、監督の蜷川実花さん、沢尻エリカさん、二階堂ふみさん、千葉雄大さんが登壇し、映画の裏側を語りました。

【画像】タジタジの小栗さん

 同作は、太宰が死の直前に書いた『人間失格』の誕生秘話を、3人の女性目線から描いたオリジナルストーリー。太宰の愛人・静子を沢尻さん、最後の女・富栄を二階堂さん、正妻・美知子を宮沢さんが演じ、蜷川監督の華やかな世界観の中、大宰とのスキャンダラスな恋模様を描きます。

 同作のキャッチコピー“ヤバすぎる実話”をテーマに、撮影時の裏側を語ったキャスト陣。撮影初日は、沢尻さんと小栗さんのラブシーンだったようで、当時を振り返った沢尻さんは「小栗さんこういうシーンは慣れてらっしゃると思っていたんですが、やったことないと聞いて意外でした。静子は受け身な役柄だったので、『全然来ないな』『もっと来いよ』と思っていました(笑)」と本音を吐露すると小栗さんはタジタジ。

 蜷川監督からも「グイグイいって! 触って!」と指示されていたようですが、「いざ、触りなさいって言われると恥ずかしくて」「本当に初日だけは役者失格だなと思いました」と撮影初日から反省したという小栗さん。それをバネに、以降は大宰のスイッチが入ったとのことですが、「沢尻エリカのムードに飲み込まれていました」と沢尻さん演じる静子を翻弄(ほんろう)する役柄とは反対に、押され気味だった様子を語りました。

 同作の終盤でどんどん衰退していく太宰を、16キロの減量で表現した小栗さん。その姿にキャスト陣や蜷川監督も圧倒されたようで、二階堂さんは「役者魂を感じました」とコメント。蜷川監督も「体重も落ちていくし、顔色も悪くなっていくし、どこまで持つのか心配だった」「壮絶でした」と振り返り、小栗さんのガッツをたたえました。

 また、9月14日は男性が女性に告白する“メンズバレンタインデー”とのことで、キャスト陣が言ってみたい、言われたい大宰の口説き文句を選択。キザで甘すぎる劇中のせりふから小栗さんは「『大丈夫、君は僕が好きだよ』はすごいですよね」と富栄にささやいたせりふをチョイス。千葉さんは、富栄と大宰のシーンで「富栄が『ダメです』と言った後に、大宰が『え? 何で?』というせりふがすごく良くて、使う機会はないんですが使いたいなと思いました」と会場の笑いを誘っていました。

 一方、女性陣はキザすぎるセリフに圧倒されていたようで、沢尻さんは「私こんなクサイこと言われたら耐えられないと思います。笑っちゃう」と反応しており、二階堂さんは「『一緒に堕ちよう』だったらバンジージャンプとかで使うタイミングあるんじゃないですかね? 笑える方向に持っていってもらえると」とコメントしていました。

 最後に小栗さんは、「僕が今まで培ってきた全てをぶつけた太宰治になっていると思います」と自信をのぞかせ、「悔いのない作品となっています」と呼びかけました。

ねとらぼ

最終更新:9/14(土) 16:35
ねとらぼ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事