ここから本文です

草なぎ剛 台風15号被災地の千葉へエール「心を強く持ってもらいたい」

9/14(土) 19:18配信

東スポWeb

 元SMAPの俳優・草なぎ剛(45)が14日、東京・港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた、主演映画「台風家族」の「全国89館・生中継舞台挨拶付上映イベント」に共演した俳優・藤竜也(78)、タレント・MEGUMI(37)、ジャズピアニスト・甲田まひる(18)、メガホンを取った市井昌秀監督(43)と出席した。

 草なぎは、タイトルにもある「台風」という言葉に触れ、8日に関東地方を直撃した台風15号の影響で、大規模停電となった千葉県の被災者に向けて「心を強く持ってもらいたい。台風家族のスタッフ、キャスト一同、心からお見舞い申し上げます」とメッセージを送った。

 また、映画は今年2月に派遣型マッサージ店の女性従業員に対する強制性交容疑で逮捕、起訴された元俳優の新井浩文被告(本名パク・キョンベ、韓国籍=40)が出演しており、一時公開延期となったが、3週間限定で公開されることとなった。

 草なぎは、これまでを振り返り「お芝居ではあるが、出演者とは血の通い合った家族になれたと思った。このすてきな作品に出合えたのが本当に幸せ。たくさんの方に支えられて、こうやって作品に出演できている。これからも皆の力を借りて頑張っていくしかない」と感慨深げだった。

最終更新:9/14(土) 19:33
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事