ここから本文です

サッカー日本代表選手に差別投稿 自称J1大分のサポーター

9/14(土) 12:25配信

共同通信

 サッカー日本代表メンバーで、J1コンサドーレ札幌のFW鈴木武蔵選手(25)に対し、J1大分トリニータのサポーターを名乗る人物が、ツイッターで差別的な書き込みをしていたことが14日、分かった。

 鈴木選手はジャマイカ人の父を持ち、自身もジャマイカ出身。J1大分の広報担当者によると、「あの見た目で日本代表なんてインチキじゃない?」「代表から追放しなさい!」などと書き込まれていた。他のサポーターから12日に連絡を受けて把握したが、投稿者の特定はできていない。

 鈴木選手は自身のツイッターで「サッカーで見返すしかない」などと投稿した。

最終更新:9/14(土) 12:25
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事