ここから本文です

【阪神5R・2歳新馬】2番人気ピュアカラーがデビューV 川田将雅騎手「芝の実戦で良さが出ました」

9/14(土) 13:09配信

スポーツ報知

 9月14日の阪神5R・2歳新馬(芝1400メートル=12頭立て)は、2番人気のピュアカラー(牝、父ワールドエース=栗東・橋口慎介厩舎)が中団から直線で抜け出して勝利。デビューVを飾った。勝ち時計は1分22秒0。

 スタート後は中団の内で脚をためる展開。直線で仕掛けると内から空いたスペースをついて伸び、余裕をもって前をとらえた。2着には1馬身1/4差をつけた。川田将雅騎手は「調教よりも芝の実戦で良さが出ました。よく頑張ってくれました」とたたえた。

 橋口慎介調教師は「最初は少し押っつけていく感じでしたが、やっぱり芝に行って良かったです。走りが軽く、非力なところがあるので、チップでは動き切れていませんでした。まだこれから成長してくると思います。上も長い距離で走ってくれていたので、中距離くらいまでいけるかなと思います」と話した。

 2着には3番人気のモズアーントモー(池添謙一騎手)が入り、1番人気のラストブラッサム(岩田康誠騎手)が3着だった。

最終更新:9/14(土) 13:43
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事