ここから本文です

G大阪 元スペイン代表MFスサエタはベンチスタート 元日本代表DF藤春が復帰

9/14(土) 16:57配信

デイリースポーツ

 「明治安田生命J1、G大阪-鳥栖」(14日、パナソニックスタジアム吹田)

 G大阪にスペイン1部ビルバオから新加入した元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(31)はベンチスタートとなった。

 スサエタはサイドを主戦場とする技巧派ドリブラーでクロスの精度も高い。プロデビューから12シーズンを“ビルバオ一筋”で過ごし、同クラブ歴代5位となる公式戦通算507試合に出場して56得点を挙げている。今年6月末で契約満了となり、ビルバオを退団していた。

 試合前の時点で勝ち点28で15位のG大阪と同27で16位の鳥栖。敗れたチームは入れ替え戦を戦う16位に沈むため、負けられない一戦となっている。G大阪は左足趾骨折で離脱していた元日本代表DF藤春広輝がJ1では6月29日の松本戦以来の復帰を果たし、スタメン出場する。先発メンバーは以下の通り。

 【G大阪】

 GK東口

 DF藤春、三浦、金、高尾

 MF遠藤、小野瀬、倉田、井手口

 FWパトリック、宇佐美

 【鳥栖】

 GK高丘

 DF高橋祐、高橋秀、三丸

 MF金森、福田、原川、金井

 FW安、金崎、クエンカ

最終更新:9/14(土) 17:05
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事