ここから本文です

阪神 13年ぶりの屈辱…中日・大野雄にノーノー許す 山本昌以来

9/14(土) 17:23配信

デイリースポーツ

 「中日3-0阪神」(14日、ナゴヤドーム)

 阪神が中日の先発・大野雄にノーヒットノーランを喫した。2006年9月16日の中日戦(ナゴヤドーム)で、山本昌に無安打に抑えられて以来13年ぶりの屈辱となった。なお、今季13度目の完封負け。

【写真】お祭り騒ぎの竜ナイン どんより暗~い虎ベンチ

 試合は序盤から中日ペースで進んだ。この日は左腕対策として、オーダーを大幅に入れ替えて臨んだ。福留の休養日でもあり、「3番・三塁」で大山が久々にクリーンアップに復帰。糸原がスタメンを外れ、「5番・遊撃」に北條。「6番・左翼」に陽川を入れるなど、大野攻略に向けて組み替えた。

 だが、初回から凡打の山。前夜は11安打7得点と打線爆発で大勝したが、なかなか攻略の糸口が見つからない。二回は北條、陽川が連続三振に倒れ、四回には木浪、近本の1、2番が連続三振を喫した。

 六回、梅野が三遊間の打球を放った。遊撃・京田の送球も反れ、セーフ(失策)の判定。中日・与田監督のリクエストがあったが、判定通りセーフで完全試合は阻止した。それでも続く代打・上本が空振り三振、木浪が遊ゴロに倒れ、無得点。

 七回は1死から大山が四球で出塁したが、マルテが見逃し三振、代打・糸原が三ゴロに倒れた。球場内がざわつき始めた八回は、陽川が右飛に倒れると、高山は一ゴロに。梅野は三遊間に鋭いゴロを放ったが、三塁・高橋の好守に阻まれた。

 九回は2人が倒れ、近本は三塁へ鋭い打球を放ったが、高橋の正面へ。三直で最後の打者になった。

 阪神は2006年9月16日の中日戦(ナゴヤドーム)で山本昌にノーヒットノーランをされて以来の屈辱となった。ちなみのこの時の山本昌が最年長(41歳1カ月)のノーヒットノーランとなっている。

 阪神先発の望月は二回、自らの暴投で先制点を許すと、三回には一塁・マルテの失策から、福田に右犠飛を浴びた。さらに五回には四球と暴投が絡み、ビシエドの右越え適時二塁打で、3点目を失った。5回3安打3失点(自責)でプロ初黒星を喫した。

 屈辱的な敗戦で、5位・中日との差は再び0・5に縮まった。シーズンはついに残り10試合になった。15日からは東京に場所を移し、巨人との2連戦(東京ドーム)。初戦の先発は岩貞。首位チームになんとか一矢報いたい。

最終更新:9/14(土) 17:29
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

あなたにおすすめの記事