ここから本文です

東京六大学野球が開幕 明大、法大が先勝

9/14(土) 18:04配信

共同通信

 東京六大学野球秋季リーグは14日、神宮球場で開幕して1回戦2試合が行われ、全日本大学選手権覇者でリーグ連覇を狙う明大が東大に4―2で競り勝った。法大は早大を1―0で破った。

 明大は延長十二回、犠飛とバント内野安打で勝ち越した。プロ注目の森下が15三振を奪い、2失点で完投。東大は八回に一度は追い付いたが、先発の小林大が力尽きた。

 法大は四回に相馬の二塁打で先制。5回を2安打に抑えた高田孝ら5投手の継投で逃げ切った。

最終更新:9/14(土) 18:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事