ここから本文です

吉岡里帆 高杉真宙の関西弁舞台あいさつにダメ出し「13点ぐらい」

9/14(土) 13:22配信

スポニチアネックス

 女優・吉岡里帆(26)が14日、大阪市内で主演映画「見えない目撃者」(20日公開、監督森淳一)の上映会で高杉真宙(23)らと舞台あいさつを行った。

 盲目の元警察官(吉岡)が、女子高生連続殺人事件を追うR15指定のサスペンス。吉岡は撮影の2カ月前からジムに通っていたそうで「次は1年ぐらい前から鍛えてムキムキにして、白のTシャツ1枚で戦う女、みたいなのをやってみたい」と、いたずらっぽく笑った。

 高杉は大阪での舞台あいさつということで、福岡出身ながらノリで「おもろい映画やんな~」と関西弁で第一声。ところが、京都出身の吉岡から「13点ぐらい」と酷評され苦笑いだった。

最終更新:9/14(土) 13:24
スポニチアネックス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事