ここから本文です

【ヤクルト】山田哲の連続盗塁成功ストップ…「確実にセーフ」リプレー覆らず

9/15(日) 6:05配信

スポーツ報知

◆DeNA7―4ヤクルト(14日・横浜)

 ヤクルトの山田哲が、初回に二盗を試みて失敗。ともにプロ野球記録だった開幕から33連続盗塁成功と、昨年途中からの38連続盗塁成功がストップした。微妙なタイミングで、二塁塁審・柳田の判定に両手を広げてアピール。小川監督のリクエストでリプレー検証が行われたが、判定は覆らなかった。

 山田哲は「残念というかショック」と渋い表情。「足が入ってたし、僕は確実にセーフだと思った。(タッチした)ソトもセーフって言ってた」と判定に納得がいかない様子。とはいえ、記録継続中はリスクを冒してまでスタートできなかった部分もあるだけに「気分的にはより一層、積極的に行けるようになる」と気持ちを切り替えていた。

最終更新:9/16(月) 19:07
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事