ここから本文です

秋の味覚・クリの収穫始まる 那須烏山

9/14(土) 7:07配信

下野新聞SOON

 那須烏山市中山の高森栗園でクリの収穫が始まり、裂けたいがの中から、丸みを帯びた良形の実が顔を出している。

【動画】秋の味覚・クリの収穫始まる 那須烏山

 クリ林は約5ヘクタールの急傾斜地に広がり、5種類約2500本が並ぶ。現在はわせ種の「丹沢(たんざわ)」と「国見(くにみ)」が最盛期を迎えている。

 同栗園は急傾斜地で水はけが良いため、平地に比べ甘みが強いのが特徴。高森耕一(たかもりこういち)代表(73)によると、今年は7月の長雨と日照不足の影響で実は小ぶりだが、味は例年通りという。

 13日は小雨の降るあいにくの天気の中、宇都宮市から訪れた夫婦がクリ拾いを楽しみ、「ここのクリは栗ご飯にするととてもおいしい」と話していた。

 クリ拾いは10月上旬まで行うことができ、週末には県内外から多くの観光客が訪れるという。

最終更新:9/14(土) 7:07
下野新聞SOON

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事