ここから本文です

太陽系外惑星の表面に“液体の水”が存在するかどうかは、その質量にも左右される

9/14(土) 21:48配信

sorae 宇宙へのポータルサイト

ハーバード大学の工学・応用化学スクールは9月10日、「惑星などの天体の表面に液体の水が存在するかどうかは、主星(恒星)からの距離だけでなく天体の質量にも左右される」とするConstantin Arnscheidt氏らの研究成果を発表しました。研究内容は論文にまとめられ、8月13日付でThe Astrophysical Journalに掲載されています。

■天体の居住可能性は「主星からの距離」だけに左右されるのか?

太陽系外惑星が発見されるたびに注目されることのひとつが、主星(恒星)からの距離がほどよく生命の存在が期待できる「ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)」にあるかどうかです。表面に液体の水が存在し得るハビタブルゾーンに系外惑星が入っていれば、そこでは地球にみられるような生命が誕生しているかもしれませんし、遠い将来に人類が移住する候補地になるかもしれません。

とはいえ、ハビタブルゾーンにさえ入っていればどんな系外惑星でも生命に適しているのかといえば、そうとも限りません。主星が活動の激しいM型の恒星であれば、強力なフレアによって大気が剥ぎ取られてしまったり、表面が強い放射線にさらされたりするかもしれないため、主星の活動レベルも重要な指標となります。

今回Arnscheidt氏らの研究チームは、系外惑星の質量によって居住可能性が左右されるかどうかを調査しました。天体の表面において水が液体の状態を保つ条件のひとつに大気の存在が挙げられますが、その大気を重力で保持するには、天体にある程度の質量が必要となります。小さすぎる系外惑星では大気が保持できず、たとえ条件の良い主星のもとでハビタブルゾーンを公転していたとしても、表面に液体の水が存在しないかもしれないのです。

■下限の質量は「地球のおよそ2.7パーセント」

研究の結果、液体の水を維持できるだけの大気を持つには、天体の質量が地球のおよそ2.7パーセント以上でなければならないことが判明しました。これ以上小さな天体ではじゅうぶんな大気を保持できないため、表面の水は凍りついてしまうか、あるいは蒸発して失われてしまうとされています。

太陽系の天体を例に見てみると、火星(地球質量の10.7パーセント)はこの条件をクリアしていますが、地球の月(同1.2パーセント)や木星の衛星ガニメデ(同2.5パーセント)は下限の質量を下回っています。たとえ豊富な水が存在していてハビタブルゾーンに位置していたとしても、地球の重さの2.7パーセント以下の系外惑星では表面に液体の水の存在は期待できず、地球型の生命の存続には適さないことになります。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 21:48
sorae 宇宙へのポータルサイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事