ここから本文です

「ドラえもん」&「しんちゃん」、大人の事情で金曜から土曜にお引っ越し…揺れる国民的アニメの未来

9/14(土) 11:10配信

スポーツ報知

 テレビ朝日の誇る国民的アニメ「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」の放送日がこの秋、変更される。
 12日、東京・六本木の同局で開かれた10月番組改編発表会見。榊原誠志総合編成部長の口から放送40周年を迎えた「ドラえもん」が金曜午後7時から土曜午後5時へ、1992年スタートの「クレヨンしんちゃん」も金曜午後7時半から土曜午後4時半への放送枠移動が正式発表された。

【写真】テレ朝10月改編のカギを握るのは、この美熟女

 6年連続視聴率三冠王を狙う日本テレビを激しく追い上げているテレ朝。10月クールも勢いはそのまま。2年ぶりに復活する米倉涼子(43)主演のメガヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜・後9時)、水谷豊(67)と反町隆史(45)のコンビ結成から5年目、放送開始20年目となる看板ドラマ「相棒season18」(水曜・後9時)、さらに2018年4月期に放送されるや社会現象になる人気ぶり。公開中の映画版も大ヒット中の「おっさんずラブ Season2(仮)」(土曜・後11時15分)も最短で10月から放送されることが発表された。

 そんな華々しいラインアップの裏で、どこかひっそりと発表されたのが、「ドラえもん」と「しんちゃん」の枠移動だった。
 ひな壇中央に座った西新総合編成局長は全日(午前6時~午前0時)9・3%、ゴールデン(午後7時~10時)26・6%、プライム(午後7時~11時)19・9%という改編率を発表した上で「この秋もタテの流れをしっかり意識して、特に週末の夜を変革していきたい」と宣言。開局60周年というメモリアルな年を強く意識した発言となった。

 10月改編で特に力を入れたのが、金曜日のゴールデン帯の改革だった。アニメ2作が陣取っていた金曜午後7時には長嶋一茂(53)、石原良純(57)、高嶋ちさ子(51)がMCを務める「ザワつく!金曜日」、午後8時からはマツコ・デラックス(46)と有吉弘行(45)の冠番組「マツコ&有吉 かりそめ天国」、午後9時からは午後8時放送から枠移動する「ミュージックステーション」が、それぞれセットされた。

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 11:10
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事