ここから本文です

【新馬/中山6R】ウィーンソナタが3馬身半差の逃げ切りデビューV!

9/14(土) 21:40配信

競馬のおはなし

エスケンデレヤ産駒 ウィーンソナタ

 14日、中山競馬場で行われた6R・2歳新馬戦(ダ1200m)で2番人気、田辺裕信騎乗、ウィーンソナタ(牝2・美浦・伊藤圭三)が快勝した。3.1/2馬身差の2着にスターファイター(牡2・美浦・田島俊明)、3着にデルマサファイア(牝2・美浦・菊沢隆徳)が入った。勝ちタイムは1:13.1(良)。

 1番人気で横山典弘騎乗、タマモエクラン(牝2・美浦・水野貴広)は、8着敗退。

 ウィーンソナタはスタートからダッシュよくハナを奪い、大きく縦に広がった隊列を引っ張ると、勝負どころでも抜群の手応えで進出し直線をむかえた。手応え通りの走りで後続をグングン突き放し3馬身半差のゴール。嬉しいデビュー勝ちとなった。

ウィーンソナタ 1戦1勝
(牝2・美浦・伊藤圭三)
父:エスケンデレヤ
母:スイートフィズ
母父:クロフネ
馬主:星野隆男
生産者:シンボリ牧場

最終更新:9/14(土) 21:40
競馬のおはなし

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事