ここから本文です

マカオで日本人男性旅客のデング熱感染確認…潜伏期間中にベトナム渡航歴、輸入性事案

9/14(土) 18:54配信

マカオ新聞

 マカオ政府衛生局(SSM)は9月14日午後、マカオ域内で今年(2019年)19人目となる輸入性デング熱感染者を13日に確認したと発表。マカオにおけるデング熱感染者の確認は9月に入って以降では5件目で、いずれも輸入性の事案。

 SSMによれば、患者は日本人のインバウンド旅客の男性(22)で、マカオ半島の市街地にある蘇亞利斯博士大馬路(マリオ・ソアレス博士大通り)に滞在。9月9日に発熱、頭痛、皮膚の発疹などの症状が現れたとのこと。12日に公立総合病院の仁伯爵綜合醫院救急外来を受診し、13日にSSM公衆衛生研究所による検査結果が明らかとなり、デング熱2型に感染していることが確認された。患者は潜伏期間中にベトナムを訪問していたといい、SSMでは患者の渡航歴、症状などを踏まえ、輸入性デング熱であると判断を下した。目下、患者容体は安定しているとのこと。SSMでは、速やかに患者のマカオでの滞在先周辺で蚊の駆除を実施する予定とした。

 今年マカオで確認された輸入性デング熱感染者19人の渡航先別では、カンボジアが6人、タイが6人、マレーシアが2人、フィリピンが2人、シンガポール、中国(広東省)、ベトナムが各1人となっている。日本人の感染例は今回が初めて。

 マカオは面積約32平方キロ、人口約67万人(海外労働者約18万人含む)の小さな都市だが、訪マカオ外客数は年間3580万人超に達しており、人口密度が極めて高く、人の出入りも多い。

最終更新:9/14(土) 18:54
マカオ新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事