ここから本文です

茶の湯文化を若い世代にも…栗林公園で高校生が茶会 高松市

9/14(土) 20:06配信

KSB瀬戸内海放送

 高松市の栗林公園で高校生によるお茶会が開かれています。

 秋の高校生大茶会は、茶の湯文化を若い世代にも広げようと毎年開かれているものです。

 栗林公園の日暮亭には高松桜井高校の茶華道部の生徒17人が集まりました。そして、訪れた人に、桜井高校オリジナルのまんじゅうとお茶を振る舞いました。
 生徒たちは日ごろの練習の成果を発揮し、訪れた人たちをもてなしていました。

(生徒はー)
「きょうはいい緊張もあり、うまくたてられたと思います」

(訪れた人はー)
「日本古来の伝統を受け継いでいて、私のほうも穏やかな気分にしていただけるような、とても素敵な時間でした」

 大茶会は16日まで開かれていて、香川県内の5つの高校が参加します。

最終更新:9/15(日) 9:53
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事