ここから本文です

「さんま」が恋しい…!塩焼き以外にもアレンジ無限、今年はどうやって食べる?

9/14(土) 21:40配信

kufura

秋の到来を感じるこの頃。秋の味として、みんなが待ちに待っているのが「さんま」! さんまがスーパーに並ぶと、なんだかワクワクしてきますよね。

今年は少し高値ですが、やっぱりおいしく楽しみたい! そこで今回『kufura』では、女性500名にアンケートを実施。「さんま」のおいしいレシピについてうかがいました。やっぱりダントツ人気は、あの食べ方。でも、他にも焼いたり揚げたり煮たり……たくさんの食べ方で、何度もさんまを楽しみたくなってしまいそうです!

ダントツ人気はやっぱり「塩焼き」!何とあわせる?

言わずもがなな塩焼きがダントツ人気! 大根おろしや醤油やポン酢などをあわせれば、さんまそのものの味が口の中いっぱいに広がり、「く~うまい!」と言わずにはいられないですよね。

「塩焼きが一番美味しい」(52歳/主婦)

「塩焼きにして大根おろしで食べる」(27歳/その他)

「さんまはそのまま焼いて、おろしポン酢で食べる」(39歳/営業・販売)

「塩焼きに大根おろしをたっぷりかけてたべるのが一番美味しい」(68歳/主婦)

蒲焼き、香味焼き…他にも「焼き」レシピがたくさん!

塩焼き以外にも、さんまを焼いて楽しめるレシピがたくさん到着。蒲焼き、香味焼き、照り焼き……こんなにもたくさんあるのか!と驚いてしまいますよ。チーズやトマトと合わせてイタリアン風味にしている方も。

「さんまの蒲焼き。醤油、みりん、砂糖、酒で味をつける。ご飯に合います」(28歳/主婦)

「さんまの香味焼き。にんにく、しょうが、しそを照り焼き風味で」(28歳/公務員)

「開いたものを、片栗粉まぶして焼いてから、照り焼きにすると美味しいです」(35歳/主婦)

「さんまのレモン焼き。塩焼きにしたサンマの上に薄切りレモンを並べて、オリーブオリーブをかけたものをグリルで5分ほど蒸し焼きに」(62歳/その他)

「さんまとチーズをはさんでグリルで焼いてトマトソースをかける」(43歳/主婦)

「さんまの腹にニンニクのみじん切りを入れて焼く。食べ終えたら熱湯を注いでスープとして飲むとおいしい」(51歳/総務・人事・事務)

「さんまの表面に味噌を塗って焼く」(30歳/主婦)

「さんまのさっぱり梅酢焼。しょうゆ、みりん、梅干しで下味をつけて、グリルで両面焼くだけ」(31歳/主婦)

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 21:40
kufura

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事