ここから本文です

【ラグビー】映画『ブライトン ミラクル』が示した二つの奇蹟(前)

9/14(土) 11:50配信

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

 まるで「最低 vs 最強」。冒頭の扱いが苦々しい。

 ワールドカップ史上最低の成績を残す日本が、優勝2回の南アフリカを破った試合を題材に取っている。

「スポーツ史上最大のアップセット」を描いた作品「ブライトン ミラクル(THE BRIGHTON MIRACLE)」のリリースに伴って、プレミアム試写会が9月11日に都内でおこなわれた。

 名将エディ・ジョーンズは、いかに苦境を乗り越え、不可能を可能にしたのか。不屈の精神と勇気でボクスに立ち向かう男達に世界が震えた…。

 見どころは、エディと日本ラグビー協会、エディと選手たちの葛藤。骨きしむ身内のやりとりは、のちに強敵を倒す大きなエネルギーになっていく。

 そしてより惹きつけられるのは、常軌を逸した厳格さとストイックさで突き進むエディ監督が抱えるバックグラウンドと、エディ自身との葛藤だ。

 東洋人(日系アメリカ人)を母に持つことで家族もろとも受けるいじめや差別。跳ね返した本人の気概は、母、父からもらった大きな愛情と知性に支えられていた。

 幼いエディが母親に問う。

「ママ。本当に、つらい時はどうしたらいい?」

「目をつむって。大丈夫うまくいくって自分に言い聞かせて、素敵なことをイメージして。笑顔になって、目を開ける」

「あはは、それだけ?」

「そうよ。また、あの子達に何か言われたら、笑い返して、気の利いたセリフでも言ってやりなさい」

 こうして一つひとつ試練を乗り越えてエディは育った。口うるさく毒舌、妥協のできない、老獪で周到なコーチに。やがて押しも押されもしない世界の名将となった。

 映画『ブライトン ミラクル』は、作中で叶えられる奇蹟のような物語がみる者を惹きつける。興味深いのは、フィルムの外にも、もう一つの奇蹟があったことだ。

(後編に続く)


詳細は「The Brighton Miracle」公式サイトへ。

▼先行VOD配信!
9月19日までに下記プラットフォームで順次配信予定。

Amazonプライム、AppleTV(ジャパン)、google

「THE BRIGHTON MIRACLE」ブライトンミラクル
脚本/監督:マックス・マニックス
製作責任者:アダム・バリーン、マイケル・ホーキンズ
プロデューサー:ニック・ウッド
出演
エディー・ジョーンズ 役:テムエラ・モリソン 、リーチ・マイケル 役:ラザラス・ラトゥーリー、 ネリー・ジョーンズ 役:工藤 夕貴、リーチ知美役:すみれ
制作会社:SYN株式会社・EASTPOOLフィルムズ・将軍プロダクション

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事