ここから本文です

ダニエル太郎 CH4強ならず、チェッキナートに逆転負け<男子テニス>

9/14(土) 13:37配信

tennis365.net

ペカオ・シュチェチン・オープン

男子テニスのペカオ・シュチェチン・オープン(ポーランド/シュチェチン、クレー、チャレンジャー)は13日に準々決勝が行われ、第7シードのダニエル太郎は第2シードのM・チェッキナート(イタリア)と対戦し、7-6 (9-7), 2-6, 1-6の逆転負けを喫した。

【錦織、フェデラーが有明で対決】

初顔合わせとなったこの試合、第1セットは互いに1ブレークを許してタイブレークに突入。ダニエルはこれを9-7でもぎ取るも、第2セット以降は1度もブレークポイントを握ることができず、逆に第2セットで2度、第3セットで3度のブレークを許して2時間14分で敗れた。

ダニエルは全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)の予選1回戦でM・マルチネス(スペイン)に6-7 (5-7), 7-6 (8-6), 4-6のフルセットで敗れて初戦敗退。その前後に出場したチャレンジャー大会でともに準々決勝で敗れており、チャレンジャー大会では3大会連続で4強入りを逃している。

勝利したチェッキナートは準決勝でJ・コバリク(スロバキア)と対戦する。

tennis365.net

最終更新:9/14(土) 14:49
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事