ここから本文です

アラサー女子向け、「差し色スニーカー」で大人のこなれコーデ12選【コンバース】

9/14(土) 12:40配信

magacol

アラサー女子、みんなが必ず持っているローテクスニーカー。コンバースや、ヴァンズなどが有名で大人気です。しかし、中には「周りのコたちとかぶらないように黒や白の定番色を避けて買ったら、なんとなくコーデに合わない…」という人も。そんな時は、CLASSY.読者の田中彩子さんのスニーカーの色合わせを参考にしてみて。彼女にその秘訣を聞いてみると…「スニーカーとバッグの色味を揃えるのは、コーデの中で色数を抑えられるのと同時に、忙しい朝でもコーデに迷わないから」とのことでした!


■これからの季節に使えるカラフルなスニーカーコーデを12色一気見せ!

ブルーのワントーンを格上げする鮮やかで聡明なロイヤルブルー

同系色でまとめたワントーンコーデだからこそ、色の力にハッとさせられます。淡色ワンピとデニムジャケットに目の覚めるようなロイヤルブルーが差し色になってこなれ感アップ。

ピンク多用の「パー子」コーデ(笑)もくすみピンクでまとめて洒落感を

身に着けるだけで女らしく見えるはずなのに、たくさん入れると幼すぎるか「パー子」になりがち…。足元より少しスモーキーなピンクを合わせれば、印象が落ち着いて見えます。

意外なほど出番が多いのがこの色!ベージュと白のリッチ配色仕上げ

体が泳ぐようなオーバーサイズトレンチには、あえて同系色小物を投入。ベージュの分量が多いから、白シャツの裾を出して白の面積を増量。爽やかさがアップします。

ビビッドなビタミンカラーは地味色コーデの救世主

足元&バッグにリンクしたボーダーを投入。全体が曖昧な地味色コーデでも、リンクした存在感のあるグリーンはインパクト大! ビビッドカラーの更新が今年らしく見える鍵。

暖色は子供っぽくなる赤よりボルドーが使い勝手よし

ストールのチェックから拾ったボルドーで、小物を統一。私にとっては赤より肌馴染みのいい色だから、秋冬は黒と合わせたり、これからの季節は白…と、年中ヘビロテの使える色。

パープルは濃色と合わせるより淡色とのコーデで女っぽくなる

「パープルは不良っぽくて苦手」という人におすすめなのがこんなアイスブルーのデニム。カジュアルな魅力が増すのはもちろん、パープルとの相性で王道コーデがこなれます。

個性的なロングジレを主役にトーンを合わせた高感度グラデ

ちょっぴりモードなグレージュのジレにはニュアンスカラー同士のブラウン小物を。コントラストをつけすぎるよりも、中間色の合わせでオシャレ鮮度高めに仕上がります。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 12:40
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事