ここから本文です

ホーム戦デビューの久保建英「ソン・モイスの皆さんは僕を愛してくれている」

9/14(土) 8:40配信

GOAL

リーガ・エスパニョーラ第4節、マジョルカvsアスレティック・ビルバオはスコアレスドローに終わった。

フェリックス、サンチョ、そして久保…今注目すべき世界最高のティーンエージャーたち【20人】

この試合で久保建英は63分から途中出場。80分には敵陣でドリブルを仕掛け、相手DFのファウルを誘発してPKを奪取した。だがこのチャンスにアブドン・プラッツが決めることができず、ビルバオも後半アディショナルタイムにPKのチャンスを迎えたものの、こちらもPKの決定機を逸して0-0で決着となった。

試合後、久保はスペインメディア向けの取材を受け、ホーム戦ソン・モイスでのデビューについて口を開いた。現地メディア『AS』がその言葉を伝えている。

「ここ、ソン・モイスでデビューすることができてとても嬉しいです。ファンの皆さんは本当に僕を愛してくれている」

「僕はピッチの上で、皆さんの愛情に応える必要があると思っています。ホームで僕を支えてくれる皆さんは、僕にとって家族のようなもの」

久保は日本、ミャンマーで行われた日本代表での2連戦に出場。マジョルカには木曜から合流したばかりだが、金曜夜の試合では途中出場ながらPK奪取という形で結果を残した。

ホームデビュー戦で勝利をつかむことができなかったが、80分に久保がPKを奪取したシーンでは、ホームの観衆から大声援が贈られるなど、マジョルカサポーターにさらなる期待感を持たせるワンプレーとなったようだ。

最終更新:9/14(土) 8:40
GOAL

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事