ここから本文です

<県アマゴルフ>埼玉栄高・佐藤翔太、通算146で初V 2位は日大・杉山、22位タイから猛チャージ

9/14(土) 10:33配信

埼玉新聞

 ゴルフの第41回県アマチュア選手権(埼玉新聞社主催)決勝大会最終日は13日、埼玉県深谷市の岡部チサンカントリークラブ美里コース(7109ヤード、パー72)で96人が参加して行われ、第1日に単独トップに立った埼玉栄高3年生の佐藤翔太(さいたま)が74で回り、通算2オーバー、146で初の栄冠に輝いた。

ゴルフ・石川遼選手が企画、寄居でフューチャーツアー プロとアマチュアが交流、ゴルフ通し地域振興

 佐藤翔はティーショットこそ乱れたが、リカバリーやロングパットを沈めるなどしてカバーした。前半を2バーディー、1ボギーの35で回り、後半は1バーディー、4ボギーと苦しんだが、同組で初日2位タイだった日大1年生の柚木将吾(加須)、埼玉栄高3年生の栗原悠宇(鶴ケ島)、同高3年生の本間一太(さいたま)の3人がスコアを崩す中、耐え抜いた。

 3打差の2位には、22位タイから猛チャージした日大3年生の杉山悠司(北本)が通算149で続き、同じく22位タイからスタートした船橋数晃(ときがわ)が通算150で3位に入った。

最終更新:9/14(土) 10:33
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事