ここから本文です

元HKT48兒玉遥、女優として再スタート「今まで練習してきたこととか、稽古場でやってきたことを信じて」

9/14(土) 10:59配信

AbemaTIMES

 舞台「私に会いに来て」の公開稽古が13日、都内で行われ、主演を務める俳優の藤田玲(31)、元HKT48で女優の兒玉遥(22)らが登場した。

 「私に会いに来て」は、2003年に公開された韓国映画「殺人の追憶」の原作となった舞台で、実際の殺人事件の資料をもとに創作されたサスペンス作品。藤田は事件を担当する刑事を演じ、兒玉は、その事件を追う新聞記者役を演じる。兒玉は「『自信はあります! できます!』って自己暗示をしています…」と役に対する複雑な心境を明かしつつ、「うまくできなくて悩んだ日々もあったんですけれど。皆さんがすごく丁寧にアドバイスをくださったり、協力もしてくださったので。今まで練習してきたこととか、稽古場でやってきたことを信じて、本番に挑むのみだなと思います」と決意を語った。

 また、兒玉は大阪公演が開幕する今月19日に、23歳の誕生日を迎えることから、主演の藤田にプレゼントをおねだりする場面も。兒玉が「お芝居がうまくいったら、ご褒美でプレゼントをもらえるように頑張ります!」と笑顔で語ると、藤田は「何が欲しいか言わなくていいの?」と質問で返す。これに兒玉は少し悩みつつ「マグカップです」とリクエストすると、藤田は「なにその旅行のお土産みたいなの」と突っ込みつつ、「全然いいよ。10個買ってあげる」と約束していた。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

最終更新:9/14(土) 10:59
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事