ここから本文です

<高校サッカー>2連覇目指す浦和南、狭山ケ丘と初戦 決勝トーナメント、組み合わせ決まる

9/14(土) 10:40配信

埼玉新聞

 サッカーの第98回全国高校選手権埼玉大会(埼玉新聞社など後援)決勝トーナメント(10月12、14、26日、11月2、3、10、17日)の開会式と組み合わせ抽選会が13日、さいたま市のソニックシティホールで実施され、出場52校の組み合わせが決定した。

<高校サッカー>浦和南、17年ぶり優勝 総体4強の昌平に2-1、組織的な守備で猛攻しのぐ

 52校は県U―18(18歳以下)Sリーグ所属の23チームと今夏の全国高校総体県予選の8強に加え、1次予選を突破した27校。第1シードの西武台と第2シードの聖望学園は10月26日の3回戦から、その他のシード校は同14日の2回戦からそれぞれ登場する。

 2大会連続の栄冠を目指す浦和南は、1回戦で狭山ケ丘と対戦。勝ち上がれば2回戦で、進修館―昌平の勝者と対戦することが決まった。

 決勝は11月17日に埼玉スタジアムで行われ、優勝校が全国高校選手権(12月30日~来年1月13日・埼玉スタジアムほか)の出場権を獲得する。

■強豪ぞろい、一戦必勝を/浦和南

 2連覇を目指す浦和南は前回準優勝の昌平、2月の新人大会で敗れた正智深谷、4月の関東大会県予選で敗れた武南が同ブロックにひしめく激戦区。主将の熊谷は「技術では私立に勝てない。一つ一つのプレーにこだわる」と表情を引き締めた。

 同高サッカー部の初代監督で1969年度に史上初の高校3冠を達成した松本暁司氏が2日に死去し、選手たちは喪章を着けて大会に臨む。熊谷は「松本先生からは、野崎監督の言うことを信じることが大切だと教わった。トーナメントの中で強くなりたい」と一戦必勝を誓った。

最終更新:9/14(土) 10:40
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事