ここから本文です

小山台に引けを取るな!都立の名門・城東は復活の秋にすることが出来るか

9/14(土) 14:57配信

高校野球ドットコム

 都立の名門・都立城東が都立大森との初戦を戦い、初回からレベルの高さを見せる。

 初回、1番・中垣がヒットで出塁すると2番・清水がセンターオーバーのタイムリーであっさり先制。さらに4番・千野がレフトフェンスを越える本塁打を一気に3点を先取した。

 先発はエース左腕・林。長い手足を持つ長身投手で、プレートの一塁側を使いつつ、踏み出す右足をインステップさせて角度のあるボールを低めに丁寧に投げ込む。さらにスライダーやカーブなど変化球も駆使しながら都立大森打線に反撃を許さない。すると打線は4回に相手のミスで2点を追加して5対0。続く5回にも追加点を奪って6対0とリードを広げて前半を折り返す。

 そして7回には打者12人の猛攻。一気に8得点を奪って14対0と圧倒。そのまま都立城東が都立大森を下して、代表決定戦に進出を決めた。

 今夏は2回戦で都立板橋に負ける悔しい夏となった。しかし戦いぶりを見ると、果敢に次の塁を狙う姿勢や選手たちの動き1つ1つの俊敏性。さらにスイングスピードなどを見れば高いポテンシャルがあることは一目瞭然。まだ細かなミスが出るところは反省するところだが、実力は確かなものだ。

 今夏は同じ都立の都立小山台が東東京で準優勝を決めて、都立勢の意地を見せた。今度は都立城東が、東京で力を発揮するはずだ。

最終更新:9/14(土) 14:57
高校野球ドットコム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事