ここから本文です

「PSGとファンに謝罪すべき」ネイマールの天敵が辛口コメント

9/14(土) 23:00配信

SPORT.es

クリストフ・デュガリーが再びネイマールを批判した。デュガリーは自身が務めるメディア『RMC Sport』で、「ネイマールはPSGとファンに謝罪しなければならない」と述べた。

今夏のネイマール移籍騒動について、メッシが知るその裏側とは【SPORT独占】


そのプログラムでデュガリーは、ここ数週間の同ブラジル人選手の行動を非難した。
「ネイマールはPSG、パリという街とファンに謝罪しなければならない。プロ選手として皆の手本になるべきであるが、彼は遠い存在にある。問題は彼の抱く敬意にある」と彼は語った。


バルサの元フランス人選手がネイマールの行動を非難するのは初めてでない。デュガリーは、ネイマールを良く思っておらず、批判者の1人であると言えるだろう。

同フランス人はネイマールのPSGでの継続性について自身の見解を説いていた。
「もしクラブのオーナーが私だったならば彼はすでに売られていただろう。別の選手と契約できるまで彼をを手放さないことは理解できる。しかし、彼らが移籍交渉で2億5,000万ユーロ(約300億円)という法外な金額を諦め、安価で差し出すのであれば、3、4人は新たに獲得できただろう」と話している。


ネイマールは14日に今夏の騒動後初のPSGでの試合となるRCストラスブール戦を迎える。 エムバペとカバーニが負傷中のため、トゥヘル前日会見で同ブラジル人FWを起用することを断言している。
いずれにせよ、ネイマールがどのように迎えられるのか見守る必要があるだろう。

最終更新:9/14(土) 23:02
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事