ここから本文です

台風被害の千葉 熱帯低気圧で15日(日)に風雨強まるおそれ

9/14(土) 17:15配信

ウェザーニュース

 小笠原諸島の近海で今日14日(土)の夜にも熱帯低気圧が発生する見込みです。

 明日15日(日)の夜には熱帯低気圧の北上に伴い、関東地方で雨が降り出します。台風15号の被害が大きかった房総半島や伊豆諸島は警戒が必要です。

熱帯低気圧が近づくおそれ

 今夜発生が予想される熱帯低気圧は15日(日)夜から16日(月)の朝にかけて房総半島の沖を通過すると見られます。

 低気圧の北に伸びる前線の影響も加わって雨雲が発達しそうです。

激しい雨や強風への備えを

 低気圧が近づく明日15日(日)の夜以降は関東南部で雨が降り出し、台風15号の被害が大きかった房総半島や伊豆諸島で1時間に30mmを超える激しい雨や、10m/s以上の強風が予想されます。

 弱くなった家屋や樹木などに、新たな被害が生じる危険性があります。困難な状況ではありますが、可能な限りの安全対策を行うようにしてください。

連休明けも蒸し暑さが続く

 熱帯低気圧が去った後、関東の南に新たな低気圧が近づいてきます。

 その影響で暖かな空気が流れ込みやすくなるため、千葉県内では昼間の蒸し暑さが戻る予想です。

 冷房や水が十分に使えず厳しい状況の地域では、窓を対角線上に開けて風が通り抜けやすくするなどし、できる限りの熱中症対策を行うようにしてください。

ウェザーニュース

最終更新:9/14(土) 17:15
ウェザーニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事