ここから本文です

老後資金は3462万円あれば安心?独身で老後を迎える人向け、3つの貯蓄の心得とは

9/14(土) 19:15配信

LIMO

老後に向けた備えはできていますか? とくに独身の方は、自分1人の力だけで老後資金を用意しておかなければなりません。急な入院などのトラブルが起こる可能性も視野に入れ、余裕をもった金額を用意しておいたほうがいいでしょう。

そこで今回は、老後のお金に対して改めて向き合っていきます。これから貯蓄に取り組む方は、そのコツも学んでおきましょう。

老後資金として2000万円貯められる自信のある人は…33%?

GMOあおぞらネット銀行㈱が調査した『ビジネスパーソンの老後資金に関する調査2019』(対象:全国の20~49歳のビジネスパーソン(パート・アルバイトを除く)、有効回答数:1000人(各年代ほぼ均等になるよう抽出)、方法:インターネットリサーチ、期間:2019年7月26日~29日)によると、現在の預貯金金額の平均値は695万円となっています。

もっとも多い回答が「100万円未満」(27.7%)となっており、「0円」(8.8%)と合わせると貯蓄が100万円に満たない人は36.5%となるようです。

また2019年6月に話題となった金融庁の報告書の「老後資金に年金プラス2000万円必要」という提言について、「老後の生活資金として2000万円を貯められると思う」と回答した人は33.4%、「思わない」が66.6%という結果に。老後資金を貯める自信がある人は少数といえそうです。

そして「老後の生活資金として、最低いくらあれば安心できると思うか」と聞いたところ、「1000~2000万円未満」(22.4%)がもっとも多くなりました。平均額は3462万円となっています。

「貯蓄できる自信はないけれど、不安は大きい」人が多いのかもしれません。

独身の方が、老後の備えに不安感?

金融広報中央委員会による『平成30年 家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査][単身世帯調査]』(18年)では、全年齢を対象に金融資産保有額の平均と中央値を算出しています。(中央値とは、大きい[小さい]順に並べたとき真ん中にくる値のこと)

その結果、2人以上世帯が保有している金融商品保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)は平均1430万円、中央値は609万円となりました。金融資産非保有世帯は22.7%です。

一方で、単身世帯の金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)の平均は744万円、中央値は50万円という結果に。金融資産をもっていない世帯は38.6%となりました。

2人以上世帯と比べると、金融資産保有額は平均・中央値ともに単身世帯の方が低い数字です。単身世帯は、老後の備えなどの貯蓄額が不十分な傾向があるといえるでしょう。

※「金融資産を保有していない世帯」とは、預貯金や株式などの金融商品を保有していない世帯と、預貯金のみは保有していてもそのうち「運用または将来の備え」がゼロの世帯を指します。

※ここでいう「金融資産」とは、家計が保有する金融商品のうち、貴金属や現金、事業のために保有している金融商品、預貯金のうち日常的な出し入れや引落しなど生活費に対応する部分を除いた「運用のため、または将来に備えて保有している部分」となっています。
これに対して「金融商品保有額」とは、上記に加えて「運用目的ではない預貯金(日常的な出し入れや引落しなど生活費に対応する部分)」を含んでいます。

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 19:15
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事