ここから本文です

倖田來未が20周年で過去のツアーを再始動「こう変わる、って声明文」

9/14(土) 17:38配信

Lmaga.jp

2019年12月に活動20周年を迎える歌手の倖田來未が13日、FM OH! の番組『Double-E』に出演。次のライブに込める思いを語った。

7月には3週連続でシングルをリリースし、8月には郷ひろみの名曲カバー『GOLDFINGER 2019』を発売。精力的に活動しつつも、「今までの倖田來未も好きだけど、やっぱり変化していかないといけない」と語った倖田。

そんななか、『re(LIVE)』と名付けた全国ツアーがスタート。「20周年を迎えるのにやり残したことはなにかと思ったとき、自分が一番好きだったライブをリアレンジしてやるっていうのはどうかな」と、自身初の東京ドーム公演をおこなったツアー『Black Cherry』(2007年)、妊娠して歌手人生について考えた『JAPONESQUE』(2013年)の2つのツアーを再構築。「今までこういうのがありました。でもこれからこう変わっていきます、っていう声明文」のようなライブになるという。

同ツアーの大阪「オリックス劇場」(大阪市西区)8公演はすでにソールドアウトだが、日本をテーマに作ったアリーナツアーをホールで再現する『大阪文化芸術フェス2019 KODA_KUMI LIVE JAPONESQUE re(CUT)』が、11月7日・8日に大阪「COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール」(大阪市中央区)で予定されている。

最終更新:9/14(土) 18:52
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事