ここから本文です

マーベルが夢をつなぐ!映画館のない島に『アベンジャーズ/エンドゲーム』が届けた希望

9/14(土) 11:00配信

Movie Walker

「アベンジャーズ」シリーズの完結編で、全世界歴代興行収入ランキング1位を獲得した『アベンジャーズ/エンドゲーム』のMovieNEXがついに発売され、9月12日発表の最新オリコン週間Blu-ray Discランキングでは、シリーズ最高となる11.0万枚を売り上げて初登場1位を獲得。劇場公開時にひきつづき快進撃を見せている。

【写真を見る】驚きの15歳!インスタグラムでも、1番人気を誇るサノスのイラスト<画像17点>

個性豊かなヒーローがこぞって登場し、それぞれの活躍、葛藤、結末が全世界を感動の渦に巻き込んだ本作。観終わった後には「どのヒーローが好き?」と語り合いたくなること必至!そこでMovie Walkerでは、発売に先がけて映画館のない長崎県の五島列島、新上五島町で行われた“特別お披露目会”に潜入し、島の人々に「お気に入りのヒーロー」について調査を実施。するとヒーローから夢をもらった、ある高校生に出会うことができた。

前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(18)では、最凶最悪の敵“サノス”によって、人類の半分が消し去られ、最強チーム“アベンジャーズ”も崩壊。本作では、消えた35億人を取り戻すという大逆転に向けて再び集結したアイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソーたちが最後にして最大の死闘をくり広げるさまを描きだす。

お披露目会当日、会場となった捕鯨の歴史を伝える資料館「鯨賓館ミュージアム」内の多目的ホール「鯨賓館ホール」には、この日を待ちわびた老若男女が集結。上映後に「ヒーローたちが集まって戦うシーンに感動した」との興奮の声が上がるなか、「お気に入りのヒーローは?」とアンケートを行った。

ぶっちぎりの1位を獲得したのは、トニー・スタークことアイアンマン!天才的な頭脳を持つ実業家であり、発明家。自ら開発したパワードスーツで飛行&攻撃を行うクールな姿や、クライマックスにおける雄姿も人々に強烈な印象を与えた。

そして2位の座は、雷のパワーを操る破天荒な神様のソーに輝いた。本作では、ヒーローらしからぬ、ある変化を遂げて登場するソー。お披露目会に来た女性陣は「ギャップがいい。ビール腹でも大丈夫です」と話すなど、ギャップに魅力を感じた人も多かった。3位は、キャプテン・アメリカ。彼の人生の選択も話題を呼び、上映会でも「これまでの作品も観たくなった」との言葉も聞こえてきた。また中高生からは「同世代のスパイダーマンも好き」という意見が上がっていたのも印象的だ。

感想を読みながらアンケートを集計していたところ、用紙の裏側にアイアンマンのイラストが描かれた1枚を発見…!そのクオリティの高さは目を見張るほどで、急いでイラストを描いた高校生を追いかけて話を聞いてみると、マーベルがつないだ“夢”が明らかになった。

島の高校に通う、15歳の原颯馬(はらそうま)さん。財布を忘れて探しに行った船着場で今回の上映会のポスターを見つけ、「前作も観ていて、続きが気になっていたんです。絶対に行く!と思いました」と会場に駆けつけたという。『アベンジャーズ/エンドゲーム』には「これまでの伏線も回収されて、それぞれのドラマが語られていた。バトル以上に、人と人とのつながりにめちゃくちゃ感動しました!MCUは物語がすべてつながっているので、そういった感動を味わえるのが好きです」と大満足の感想を寄せ、「エンディングもかっこよかった。もう一度観たいです」とにっこり。

「小学校のころに初めてMCU作品を観て、そこからどハマりしたんです。(それぞれのヒーローの)デザインを見てもすごくかっこいい」とマーベルの大ファンだという原さんだが、絵を描くことが好きで、自身のインスタグラムには積極的にイラストをアップしている。

「最近、自分が描いたもので気に入っているのはサノスの絵です。マーベルって、悪役もかっこいい。『インフィニティ・ウォー』を観た後に、鉛筆で15分くらいで描きました。特に映画を観た後はうまく描ける気がするんです」と鑑賞後の興奮を反映させている様子。「お母さんも美術方面の仕事をしているんですが、僕もできれば美術に関わる仕事をしたいと思っていて。叶うならば、大好きなマーベルで仕事ができたらすごくうれしいなと思っています」と目を輝かせながら、夢を教えてくれた。

映画館のない島、長崎県五島列島の新上五島町を訪れたら、ヒーローの活躍に胸を熱くする島の人々、そして将来に希望を抱く高校生に出会うことができた。マーベルの生みだしたキャラクターや物語は、世界中の人々の夢となって広がり続けている。

(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)

最終更新:9/14(土) 11:00
Movie Walker

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事