ここから本文です

100歳高齢者 松井広島市長が祝いの訪問

9/14(土) 12:13配信

RCC中国放送

中国放送

敬老の日を前に広島市の松井市長が100歳を迎えた高齢者を訪問し、記念品を贈りました。

松井市長が訪ねたのは佐伯区に住む太田澄枝さんです。

1919年=大正8年の4月に生まれた太田さんは、大正、昭和、平成、令和の4つの時代を生きてきました。

戦時中は夫と旧満州で暮らし、終戦から翌年に日本に引き揚げるまでが、一番つらい時期だったと振り返ります。

太田澄枝さん
「つらい、つらいと思っていてはいけんと思い、自分は日本人という気持ちを常に忘れずきました」

太田さんは元気の秘訣は毎日欠かさない…お酒。
趣味の花札では、勝負にこだわるそうです。

太田澄枝さん
「(負けたら)いい気持ちはしません。よーし次は勝つぞという気持ちでやります」

広島市では今年度、359人が100歳を迎えます。

RCC BROADCASTING CO.,LTD.

最終更新:9/14(土) 12:13
RCC中国放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事