ここから本文です

「ずっと『悲しき男』だと…」 モウリーニョ、サンチェスを語る

9/14(土) 11:30配信

超WORLDサッカー!

ポルトガル人指導者のジョゼ・モウリーニョ氏がマンチェスター・ユナイテッド時代に指導したチリ代表FWアレクシス・サンチェスに言及した。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

2018年1月にアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンと入れ替わる形でアーセナルからユナイテッドに移籍したサンチェス。ボーナスを含めて週給56万ポンド(約7500万円)というクラブ最高給の好条件を勝ち取ってのユナイテッド入りだったが、在籍18カ月間で公式戦45試合に出場して、わずか5ゴールと精彩を欠いた。そうした状況もあって、今夏移籍の見方が加熱。結果、8月29日にインテルへの単年レンタルが決定した。

そのサンチェスがユナイテッド加入時にチームの指揮を担ったモウリーニョ氏は、イギリス『テレグラフ』で当時を回顧。「彼を最大限に活用できなかった」と述べながら、次のように話したという。

「サンチェス…彼は幸せそうじゃなかった。どんな仕事でも、幸せじゃなければ、どのようなレベルのパフォーマンスも発揮しにくくなるものだ」

「そして、おそらく私の過ちだ。彼を最大限に活用できなかった。監督として、選手の能力をフル活用できる場合もあれば、アプローチに失敗する場合もある」

「しかし、実のところ、彼に関して、ずっと『悲しき男』だと感じていた。おそらくイタリアでそういう状況から脱却できるだろう。そうなってほしい」

「私は常日頃からあらゆる選手の幸せを祈っている」

超WORLDサッカー!

最終更新:9/14(土) 11:30
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事