ここから本文です

ひそカニ議会に侵入 予期せぬ“傍聴人”に騒然

9/14(土) 16:16配信

沖縄タイムス

 開会中の沖縄県大宜味村議会で10日、予期せぬ“傍聴人”が訪れた。午前の一般質問中、傍聴席に突然現れたのは赤いカニ。すぐにいすの下に潜り込み、姿を消したかと思われた。

 だが、何か訴えたいことがあったのか、午後には演壇前に登場。カニが“侵入”した議会は一時休憩し、複数の職員が取り囲んだ。最後は安里重和議員が捕まえてカニの大冒険は終わった。

 「しかたに自然案内」によると、カニは河川の中流から下流域、海岸近くの草むらや土手などに暮らす「ベンケイガニ」とみられる。大嶺実議会事務局長は「これまでも議会棟で度々見掛けていたけど、議場に来るのは珍しいね」と驚いていた。

最終更新:9/14(土) 16:16
沖縄タイムス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事