ここから本文です

松下信治、F2イタリア優勝インタビュー:スーパーラーセンス獲得にランキング4位は必須。「まだまだ崖っぷちの状況」

9/14(土) 8:00配信

オートスポーツweb

 FIA-F2参戦中の松下信治選手がモンツァのフィーチャーレースで、堂々の優勝を遂げた。表彰台では1週間前のスパで事故死したアントワーヌ・ユベール選手を悼み、ただ一人フランスの三色旗をあしらったルノーキャップを被って臨んだ。

FIA-F2イタリアのレース1で優勝した松下信治、アントワーヌ・ユベールに勝利を捧げる

 松下選手は翌日のレース2でも5位に入り、選手権順位は6位に上がった。これでスーパーライセンスポイント獲得に必要な4位までとの差は、37ポイントまで縮まった。とはいえ残りはわずか2戦、4レース。「まだまだ崖っぷちの状況です」と松下本人が語るように、F1への道は決して平坦ではない。


――会心のレースだったのでは?
松下信治(以下、松下):ミスもしなかったし、持ってるものを出せた。予選のミスは、これで償えたかなと思います。まあ、普通のレースでした。モンツァは得意だし、ペースがあることはわかっていました。晴れの予選だったら、ポール争いもできていたと思いますね。

――スタートは良すぎて、行き場を失いかけた?
松下:危なかったです。ニキータ(マゼピン)が見ているかと思ったんですが、ギリギリちょっと当たったくらいでよかった。あとでカバーが飛んでいましたけど。

――2位に上がった時、どんな状況でした?
松下:僕、ブレーキがすごくいいんですね。というのも他のドライバーに比べると、ちゃんと準備して温めているから。2位を走ってたドライバーはそれをやらずに、僕と同じところで止まろうとしたから行きすぎちゃった。釣られて奥まで行っちゃったんでしょう。

――(カラム・)アイロットを抜いたのは?
松下:確か、オプションタイヤの時でしたよね。ペースが良くて飛ばしていたから、おそらくタイヤが熱垂れしたんでしょう。前がきつかったんだと思います。僕はニュータイヤで、少しマージンありましたし。

――その後は逆にアイロットに迫られ続けたけど、冷静に対処できた?
松下:ちょっとプッシュしたら遅れたんで、あ、大丈夫だなと思いました。もう、付いてこれなかったですね。

――コンマ6秒まで迫られた時は、抜かれると思わなかった?
松下:抜かれてもいいやと、思っていました。抜き返せる自信はあったし、何よりそういう時に頑張ってしまうと、あとで痛い目にあうことはわかっていましたし。

――これでスーパーライセンス獲得に向けて、いっそう弾みがついた?
松下:いや、崖っぷちですよ。(ロシア、アブダビ戦で)ノーミスで行かないと。予選も含めて。


――表彰台に上がったらルノーのキャップを被ると、すでに木曜日の時点で言ってました。
松下:ええ。ルノーが本来はスポンサー用に作ったキャップを、できればかぶってほしいとエイトキンが配っていたんです。


――キャップを被ったのは、この勝利をアントワーヌ・ユベール選手に捧げたかったという意味?
松下:そうです。アントワーヌは友達ではなかったけれど、よく知ってる仲間でした。とにかく人間としてよかったし、僕のインスタにもよくメッセージくれていました。同じカテゴリーで走ったのは今年が初めてでしたけど、あのチームで勝っているし、予選でも上位グリッド取ったり、速いドライバーでした。

――今のF2マシンの車体は、昔に比べればずっと丈夫にできています。
松下:それだけに、いっそうショックでした。考えさせられました。今までは自分が怪我をするとか、死ぬかもしれないなんて、考えたことはなかった。これからもおそらく、自分が走ってる時はそう思わないと思います。

 でも無理なアタックをしたりとか、そういうことはみんなしなくなるんじゃないですか。ルールを守ることを、いっそうリスペクトすべきだし。今年のF2は、その辺は皆しっかりしていますけどね。




[オートスポーツweb ]

最終更新:9/14(土) 8:00
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事