ここから本文です

【MLB】田中将大、5回4失点で11勝目ならず ヤ軍は延長12回サヨナラ負けでVへ足踏み

9/14(土) 12:20配信

Full-Count

4回までに3点のリードを許すも、5回に打者一巡で逆転

■ブルージェイズ 6-5 ヤンキース(日本時間14日・トロント)

 ヤンキースの田中将大投手は13日(日本時間14日)、敵地ブルージェイズ戦に先発登板したが、11勝目はならなかった。5回まで4点を失ったが、味方打線が逆転。1点リードで勝利投手の権利を持って降板したが、リリーフが同点に追いつかれて白星が消滅した。

【動画】田中将大の“渾身”の空振り三振にチームメイトは手を叩いて大爆笑

 2年ぶりのシーズン30試合目の先発登板となった田中。初回1死からビジオ、ゲレーロJr.と2者連続で3球三振に切り、わずか7球で3者凡退に斬った。だが、2回にグリチャックに26号ソロを浴びて先制を許した。4回には2死一塁からマグワイアに中越えの適時二塁打を浴びて2点目を失うと、ヘルナンデスのゴロを処理したトーレスの送球を一塁のルメイヒューが後逸(記録はトーレスの悪送球)して3点目を失った。

 リードを奪われる展開となったが、5回に味方打線が5点を奪って逆転。だが、その裏、ビジオに中前適時打を許して1点差に迫られた。なんとか後続を封じて1点のリードを守って5回を投げ終えた田中は5回8安打4失点で降板となった。

 1点リードでリリーフ陣に後を託し、勝利投手の権利を持っていた田中だったが、7回に登板したオッタビーノが1死一、三塁でまさかのボーク。三塁走者の生還を許して同点に追いつかれ、田中の11勝目が消滅した。

 試合は延長12回、6番手のリオンズがビシェットにサヨナラ本塁打を浴びてヤンキースは敗戦。5となっていた優勝へのマジックを自力では減らすことができなかった。

Full-Count編集部

最終更新:9/14(土) 12:20
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事