ここから本文です

衣料品のネット通販開始 大和、東京の運営会社と連携

9/14(土) 0:56配信

北國新聞社

 大和(金沢市)は衣料品のインターネット通販に乗り出した。電子商取引(EC)サイトを運営するストライプデパートメント(東京)と提携し、約1千ブランドの商品を取り扱う通販サイトを開設した。ECサービスの充実で利便性を高め、「次世代客」と位置付ける若年層の取り込みを図る。

 大和はストライプデパートメントが百貨店向けに提供を始めたECサイトの運営代行サービス「DaaS(ダース)」を利用した。初期投資やランニングコストをかけずにサイトの運営ができ、サイトを通じた売り上げの一部が手数料として大和に支払われる。

 大和の自社オンラインショップではこれまで、地元の食品や雑貨などを中心に取り扱い、県外からの注文に対応してきた。衣料品の通販サイトが新たにできることで、顧客は県内に店舗がないブランドの商品を購入することができる。プロのスタイリストが各顧客に似合うコーディネートを提案するサービスもある。

 今後はECサイトで売れ行きが良いブランドを、大和に期間限定店として導入するなどの展開が考えられるという。香林坊大和の岡本志郎店長は「実店舗とECサイトの両方でお客さまの満足を追求したい」と話した。サイト開設に合わせ、20~30日には8階催事場で期間限定店を設ける。

北國新聞社

最終更新:9/14(土) 0:56
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事