ここから本文です

大会の主役に躍り出るのは誰だ!? 今季のCLで注目すべき10人のプレーヤー

9/14(土) 15:00配信

SOCCER KING

エデン・アザール

ポジション:FW
生年月日:1991年1月7日(28歳)
国籍:ベルギー
所属クラブ:レアル・マドリード

昨季はチェルシーでキャリアベストのパフォーマンスを披露。プレミアリーグで初の2桁得点2桁アシストを記録すると、UEFAヨーロッパリーグでは優勝と大会MVPの2冠を達成した。とはいえ、真の目標は欧州最高峰の舞台で頂点に立つこと。それは王者返り咲きを狙うレアル・マドリードの思いとも一致する。実力に疑いの余地はない。やるべきことは、“背番号7”を受け継ぐプレーヤーとして結果を残すだけだ。

アントワーヌ・グリーズマン

ポジション:FW
生年月日:1991年3月21日(28歳)
国籍:フランス
所属クラブ:バルセロナ

「オリンピコの悲劇」、「アンフィールドの悲劇」と2年連続でショッキングな敗戦を味わったバルセロナには、新たなヒーローの登場が待たれる。その期待を背負う一人がグリーズマンであり、ネイマール獲得失敗に終わった今、彼にはさらに大きな重圧がのしかかる。もっとも、本人は十分に覚悟できているはずだ。リオネル・メッシとの共存に成功し、カタルーニャの街に再びビッグイヤーを持ち帰ることができるのか。キャリア最大の挑戦が今、スタートする。

クリスティアーノ・ロナウド

ポジション:FW
生年月日:1985年2月5日(34歳)
国籍:ポルトガル
所属クラブ:ユヴェントス

ユヴェントスの命運を握る男――。それは決して大げさな表現ではない。昨年夏、ユヴェントスが当時33歳の選手獲得に1億ユーロ以上の資金を投じたのも、欧州制覇を成し遂げるためだった。しかし、若きタレント集団のアヤックスに敗れて8強止まり。セリエAでは前人未到の8連覇を達成したが、2年目の今季はビッグイヤー獲得が至上命題だ。マウリツィオ・サッリ新監督の下で選手としてどのような変化を遂げるのかを含め、今季もCR7から目が離せない。

ロメル・ルカク

ポジション:FW
生年月日:1993月5月13日(26歳)
国籍:ベルギー
所属クラブ:インテル

「夢だった」というセリエA移籍はキャリアの転機になりそうだ。新天地で開幕2試合連続ゴールを記録するなど、ベルギーの怪物FWが真のブレイクを予感させている。イングランドでは「ビッグマッチで結果を残せない男」とのレッテルを貼られたが、その評価を覆すうえでCL以上に適した舞台はないだろう。バルセロナ、ドルトムントと同居した“死の組”でどんな結果を残すのか要注目だ。

2/3ページ

最終更新:9/14(土) 18:37
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ