ここから本文です

リヴァプール、ナポリ、日本代表対決…南野拓実に巡ってきたビッグチャンス

9/14(土) 20:00配信

SOCCER KING

 これぞ千載一遇の好機――。果たして、モノにできるかどうか。

 今後のキャリアをかけた大勝負になるかもしれない。オーストリアの強豪ザルツブルクの門をくぐって6年目。ついにチャンピオンズリーグ(CL)の本選に挑む南野拓実のことだ。

定位置確保と強豪たちとの戦い

 ようやく巡ってきた初挑戦には二重の意味で追い風が吹いている。

 何よりもまず、南野自身がチーム内で確たる地位を築きつつあるのは大きい。アメリカ人のジェシー・マーシュ新監督の信頼を得て、開幕から定位置をつかんだ。国内リーグでは3得点2アシスト(第6節終了時点)の結果を残してもいる。ピッチに立つ公算が大きいわけだ。

 もう1つはグループステージの組分け。何しろ、連覇を狙うイングランドの名門リヴァプールとイタリアの強豪ナポリが同じ組にいるのだ。名前を売るには格好の相手だろう。まさに「舞台は整った」と言ってもいい。

 俺がやらねば誰がやる。
 ここでやらねばどこでやる。

 ひとたびピッチに立てば、トグロを巻くような主役意識と強い使命感に駆り立てられる人だろう。ポジションがどこであれ、脳内の矢印が常にゴールへ向かっている。その貪欲な姿勢こそ、大仕事の引き金だ。

 思えば昨シーズンのヨーロッパリーグ(EL)でノルウェーの名門ローゼンボリを相手に日本人初のハットトリックを演じている。ゴール前で獲物を仕留める見事な手際はストライカーのそれと変わらない。優れた決定力は大きな舞台で爪痕を残すのにもってこいだろう。

 今シーズンは2列目のサイドで使われる機会が多い。そのぶん、上下動を含め、守備の負担は増えたが、得点に絡むという持ち味を戦術眼と運動量で生かし切っている。そもそも攻撃に必要な道具は何でもそろっている人だ。右足でも左足でもゴールを射抜き、ヘッドでも点が取れる。またボールを持って斬り込むこともあれば、狭い空間に潜り込んでラストパスも引き出す万能ぶり。用途に応じて七つ道具を使い分ける汎用性の高さは特筆ものだろう。

 ただ、対峙する敵を圧倒するほどのスペシャルな武器はない。そこで際立つのが足を止めずに動き回る機動力だ。攻守を問わず、とにかく相手に息つく暇を与えない。あらゆる局面に顔を出しながら、鋭い動きの連続で小さな時差をつくり出し、先手を取っていく。守る側にとっては実にとらえどころがないわけだ。

 試合の流れをガラっと変えるよりもむしろ、流れを止めないことに大きな値打ちのある選手だろう。本人の資質はもとより、攻守の切り換えから最後の仕上げに至るまで常に強度の高いプレーが求められるザルツブルクで研鑽を積んだ成果とも言えるのではないか。

1/2ページ

最終更新:9/14(土) 20:00
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事