ここから本文です

ジダン監督、次節メンバー入りのアザールについて言及「全員見たがっている」

9/14(土) 10:35配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督がリーガ・エスパニョーラ第4節・レバンテ戦に向けて会見を行った。クラブ公式サイトが内容を伝えている。

 レアル・マドリードはレバンテ戦に向けて19名を招集し、ベルギー代表MFエデン・アザールやコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスらがメンバー入りを果たした。一方で、クロアチア代表MFルカ・モドリッチらが負傷によりメンバー外となっている。

 チームがここまで1勝2分けという状況に、ジダン監督は「まだ始まったばかりであるし、全ての試合が重要であることを理解している」として次のように意気込んだ。

「ネガティブなこととポジティブなことがあるのは間違いない。我々はモドリッチを欠くが他の選手たちがいる。各々がチームに貢献するチャンスがあるはずだ。明日、我々はしっかりと準備された11人で臨むつもりだよ。もちろんアザールもいる予定だ」

 同監督は負傷明けのアザールについて次のように言及した。

「彼は1週間前、練習に完全復帰したばかりだ。我々全員が彼を本当に見たがっているが、多くの試合があるので、落ち着いて進まなければいけない。我々は明日の試合だけでなく、シーズンを通じてより多くの試合をアザールとともにプレーしなければならない。全員が準備できているし、彼はその一番手だよ」

 また、モドリッチの負傷状況について「私はルカが我々のために早く回復してくれることを願っている」とコメント。ジダン監督は、「彼はケガをしているので、明日はプレーできないし、そのことを受け入れる必要がある。ルカの後、これ以上負傷者を抱えないことを願っているが、起こる可能性もあるだろう」と話した。

SOCCER KING

最終更新:9/14(土) 10:35
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事