ここから本文です

真のワールドクラスへ…CLに挑む10人のヤングスターたち

9/14(土) 18:33配信

SOCCER KING

 欧州最強クラブを決めるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージが17日に開幕する。

 例年、優勝争いとともに話題となるのが若手選手の活躍だろう。昨シーズンは、チームの平均年齢が25歳に満たないアヤックスが大躍進。若い力でレアル・マドリードやユヴェントスといった強豪を撃破したことは世界中で大きな話題となった。さらにその他のクラブでも、トップチームデビュー間もない20歳前後のヤングタレントたちが数多くブレイク。若手大豊作のシーズンだったと言える。

そこで今回は、今シーズンのCLで要注目の若手選手たちをピックアップ。真のワールドクラス入りを目指す逸材から、CLデビューが楽しみな有望株まで、10人のプレーヤーを紹介する。

写真=ゲッティイメージズ

マタイス・デ・リフト

ポジション:DF
生年月日:1999年8月12日(20歳)
国籍:オランダ
所属クラブ:ユヴェントス

“欧州若手No.1センターバック”の評価を確立した俊英が移籍先に選んだのは、“守備の国”イタリアで絶対的な地位を築くユヴェントス。環境は申し分ないが、パートナーを組むはずだったキエッリーニが長期離脱を余儀なくされ、かかる期待と重圧はさらに大きくなった。8550万ユーロ(約102億円)という高額な移籍金に見合う働きを見せて、クラブにビッグイヤーをもたらすことはできるだろうか。

ジョアン・フェリックス

ポジション:FW
生年月日:1999年11月10日(19歳)
国籍:ポルトガル
所属クラブ:アトレティコ・マドリード

今夏の移籍市場最高額となる約150億円でベンフィカからアトレティコ・マドリ-ドに加入した“ポルトガルの至宝”。昨季はヨーロッパリーグで大会最年少ハットトリックを樹立したが、今季は欧州最高峰の舞台で真の実力が試される。同胞の先輩クリスティアーノ・ロナウドのように“CLに愛される男”になれるのか、それとも有望な若手で終わるのか。その一挙手一投足に注目が集まる。

1/3ページ

最終更新:9/14(土) 18:33
SOCCER KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事