ここから本文です

マリナーズから10年阪神入団/メッセンジャー略歴

9/14(土) 6:00配信

日刊スポーツ

サムライよ、サラバ…。阪神ランディ・メッセンジャー投手(38)が13日、今季限りでの現役引退を球団に申し入れ、了承された。来日10年目の今季も開幕投手を務めたが、3勝止まりで7月中旬以降は2軍調整が続き、右肩治療で米国への一時帰国もあった。前日12日の練習試合で5回4失点と打ち込まれて決意。NPB通算98勝の剛腕が完全燃焼した。近日中に引退会見に臨む。球団は戦況に応じて引退試合を検討する。

【写真】来日8年目にして初本塁打を放ったメッセンジャー

   ◇   ◇   ◇

◆ランディ・メッセンジャー 1981年8月13日、米ネバダ州生まれ。99年ドラフト11巡目でマーリンズと契約。05年メジャーデビュー。メジャー通算173試合で4勝12敗2セーブ、防御率4・87。10年マリナーズから阪神に入団し、救援で活躍したジェフ・ウィリアムスの背番号54を引き継ぐ。10年春先は中継ぎも、先発に定着し本領を発揮。最多勝1度、最多奪三振2度。今季推定年俸は3億5000万円。198センチ、109キロ、右投げ右打ち。

最終更新:9/14(土) 6:44
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/20(金) 14:30

あなたにおすすめの記事