ここから本文です

外国人最多1474奪三振/メッセンジャー主な記録

9/14(土) 6:00配信

日刊スポーツ

サムライよ、サラバ…。阪神ランディ・メッセンジャー投手(38)が13日、今季限りでの現役引退を球団に申し入れ、了承された。来日10年目の今季も開幕投手を務めたが、3勝止まりで7月中旬以降は2軍調整が続き、右肩治療で米国への一時帰国もあった。前日12日の練習試合で5回4失点と打ち込まれて決意。NPB通算98勝の剛腕が完全燃焼した。近日中に引退会見に臨む。球団は戦況に応じて引退試合を検討する。

【写真】阪神上本をお姫様だっこするメッセンジャー

   ◇   ◇   ◇

<メッセンジャーの主な記録>

◆98勝 NPB外国人投手5位。上位に(1)郭泰源(西武)117(2)郭源治(中日)106(3)スタンカ(大洋)、バッキー(近鉄)100勝。阪神在籍全投手中12位。

◆1474奪三振 NPB外国人投手1位。阪神在籍全投手中5位。上位に(1)村山実2271(2)江夏豊2224(3)小山正明1944(4)能見篤史1476。

◆2桁勝利7度 NPB外国人投手最多。

◆2桁奪三振24度 NPB外国人投手最多。阪神では井川慶と並び4位。上位は(1)江夏豊69(2)村山実32(3)小山正明27。

◆規定投球回に8年連続8度到達 8度到達は郭泰源(西武)と並びNPB外国人最多。8年連続は同唯一。

◆開幕投手5年連続6度(13、15~19年) いずれもNPB外国人最多。

◆開幕戦3勝(13、17、18年)NPB外国人最多。

最終更新:9/14(土) 11:01
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事