ここから本文です

寝不足が高リスクなのは?/森田豊の健康連載

9/14(土) 8:00配信

日刊スポーツ

<ドクター森田の「健康になりなさい!2019」(22)>

クイズ形式でがんを知るコーナーを続けます。トライしてみてください。

Q どちらのほうが、がんになりやすいでしょう?

A・寝相の悪い人 B・いびきをかく人

答えは「B」。寝ているときにいびきをかく人は大腸がんになりやすい報告もあります。米ハーバード大学医学部が10万人を対象に調査。睡眠時間が9時間以上の人のなかでも、太っていていびきをかく人は、1日7時間前後寝ている人と比べ、大腸がんになる危険性が1・4~2倍にも増加するといいます。太っている人やいびきをかく人は睡眠時に酸素をうまく取り込めず、酸欠状態になりやすく悪性腫瘍が増殖しやすいのでは、と考えられています。

Q 睡眠時間が短くなると、発症リスクが高くなるのは?

A・大腸がん B・乳がん

答えは「B」。東北大学が約2万4000人の女性を7年間追跡調査。睡眠時間と乳がんの発症リスクを調べ、平均睡眠時間が6時間以下の人は、7時間寝ている人より、乳がんのリスクが1・6倍ほどになったということです。

Q どちらが、がんになりやすいでしょう?

A・熱いものを好んで飲む人 B・冷たいものを好んで飲む人

答えは「A」。熱いものをいつも飲んでいると、がんになりやすいといわれています。イランのテヘラン大学の調査で70度以上の熱いお茶を飲み過ぎると食道がんになるリスクが8倍に増加するという研究結果が報告されました。食べ物や飲み物が熱いまま飲み込むと食道の粘膜が傷つき、炎症を起こしがん化してしまうのです。

Q たばこを吸わなければ、日本人のがん患者は何%減るでしょう?

A・20% B・50%

答えは「A」。がんの最大の原因はたばこです。日本で亡くなる人が最も多い肺がんを始め、のどのがん、胃がん、食道がん、肝臓がんなどがたばこと関係しているといわれています。また、受動喫煙も問題になっています。「国立がん研究センター」の調査ですが、「夫からの受動喫煙がなければ、たばこを吸わない妻の肺腺がんは、37%は予防できた」としています。

◆森田豊(もりた・ゆたか)1963年(昭38)6月18日、東京都生まれ。秋田大医学部、東大大学院医学系研究科修了。米ハーバード大専任講師を歴任。現役医師として活躍すると同時に、テレビ、ラジオでコメンテーターとして出演多数。テレビ朝日系の人気ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」の医療監修をドラマ立ち上げの時から務め、今年10月に新シリーズを迎える。気分転換は週2回のヨガで、15年あまり継続。インスタグラムdoctormorita、ホームページmorita.proなどで情報発信中。

最終更新:9/15(日) 10:28
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事