ここから本文です

小栗旬「役者失格」沢尻エリカとラブシーンで…

9/14(土) 12:18配信

日刊スポーツ

俳優小栗旬(36)が14日、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで、主演映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(蜷川実花監督)の公開記念舞台あいさつに出席した。

【写真】胸元が開いたドレスで登場した沢尻エリカ

小栗は「役者失格」だったエピソードを明かした。

沢尻エリカ(33)がラブシーンを振り返り「小栗さんなら慣れてらっしゃるのかなと思ったんですが、初めてだと聞いて。こないな…もっとぐいぐいきてよ、と思っていました」と言うと、小栗は「役者失格でした。いざ、触りなさいと言われたら恥ずかしくて。あの晩とてつもなく反省しました。いざ会ったら『沢尻エリカ』のムードにのまれてしまった」と苦笑いした。

また、二階堂ふみ(24)は、小栗が15~16キロ減量して撮影に臨んだことに触れ「最後のシーンはスタッフが『やせすぎて足が動かない』と言っていました。役者魂を見せてもらいました」と称賛していた。

沢尻は胸元がV字に大きく開いたピーチピンクのドレス、二階堂は白のドレスと、それぞれ衣装でも魅了した。

ほかに千葉雄大(30)が出席。

最終更新:9/14(土) 21:06
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事