ここから本文です

レアルのMF不足が深刻に…モドリッチに続きバルベルデも負傷離脱

9/14(土) 9:12配信

ゲキサカ

 レアル・マドリーは13日、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが検査を受けた結果、左足大腿直筋負傷と診断されたことを発表した。

 全治などの詳細は明かされていないが、14日にホームで行われるリーガ・エスパニョーラ第4節レバンテ戦の招集メンバーからは外れている。バルベルデは今季ここまでリーグ戦1試合に出場していた。

 レアルは12日に発表したMFルカ・モドリッチに続く中盤の負傷者により、レバンテ戦招集メンバーのMF登録選手はMFトニ・クロース、MFカゼミーロ、MFハメス・ロドリゲスの3名のみとなっている。

最終更新:9/14(土) 9:12
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事