ここから本文です

リバプールが開幕5連勝!! 武藤途中出場のニューカッスルに逆転勝利でCL初戦へ弾み

9/14(土) 22:23配信

ゲキサカ

[9.14 プレミア第5節 リバプール3-1ニューカッスル]

 プレミアリーグは14日、第5節を行った。リバプールは本拠地アンフィールドにFW武藤嘉紀の所属するニューカッスルを迎え、3-1で勝利した。ベンチスタートとなった武藤は後半22分にピッチに入った。

 唯一の開幕4連勝中のリバプールは、17日にナポリとのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ初戦を控えており、FWロベルト・フィルミーノやMFジョーダン・ヘンダーソン、MFジェームス・ミルナーらがベンチスタート。FWディボック・オリギやMFアレックス・オクスレード・チェンバレンらが先発に名を連ねた。

 先手を取ったのはニューカッスルだった。前半7分、自陣からのロングパスを敵陣中央で受けたMFクリスティアン・アツが前を向いて左に展開。PA左に進入したFWジョエリントンがワンタッチでシュートコースを作り、右足シュートをゴール右隅にねじ込み、幸先よく先制に成功した。

 今季プレミアで初めて先制点を許したリバプールだが、前半28分に同点に追いつく。右サイドから横に素早くパスをつなぎ、左サイドのDFアンドリュー・ロバートソンがワンタッチで相手をかわして中央にパスを送る。これを受けたFWサディオ・マネが右足インサイドキックでゴール右隅に沈め、試合を振り出しに戻した。

 前半35分、リバプールにアクシデント。オリギが左足首を痛めてしまい、フィルミーノとの交代を余儀なくされた。それでも40分、ハーフェーライン付近でDFジョエル・マティプとフィルミーノが相手に寄せてボールを奪取。フィルミーノのスルーパスにマネが反応し、GKマルティン・ドゥーブラフカがこぼしたボールを左足で決め、2-1と逆転して前半を終えた。

 後半もリバプールペースで進む。4分、マネが左サイドに展開し、ロバートソンが素早くクロスを入れると、PA内でトラップしたMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足ボレー。ドライブ回転のかかったシュートだったが、わずかにクロスバー上に外れた。

 ニューカッスルは後半22分に2枚替え。FWミゲル・アルミロンとDFエミル・クラフトを下げ、武藤とDFハビエル・マンキージョを投入した。だが、27分にリバプールが追加点。フィルミーノにくさびのパスを送ったFWモハメド・サラーがPA手前でリターンパスを受け、ドリブルでPA内に進入して左足シュート。これがゴール右隅に吸い込まれ、3-1とリードを広げた。

 後半43分にはマネがゴールネットを揺らしたが、パスを出したフィルミーノのオフサイドと判定され、ハットトリックとはならず。それでもリードを守り抜いたリバプールが3-1で逆転勝利をおさめ、開幕5連勝で欧州CL初戦へ弾みをつけた。

最終更新:9/14(土) 22:23
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事