ここから本文です

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』プレイ時間はブラッシュアップ! 丸喜拓人はいい人? 福山潤さんによる華麗な実機プレイも披露されたステージイベントをリポート【TGS2019】

9/15(日) 4:42配信

ファミ通.com

文・取材:亀井ライダー

 2019年9月12日~15日(12日、13日はビジネスデイ)の期間、千葉・幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ 2019。3日目となる14日(土)のセガゲームス・アトラスステージでは、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』スペシャルトークショウが行われた。本稿では、その模様をリポートする。
『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はテンポアップでプレイ時間がブラッシュアップ!
 『ペルソナ5』に数々の新要素を追加して2019年10月31日に発売される『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』は、『ペルソナ』シリーズ最新作。

 スペシャルトークショウには、MCを務めるフリーアナウンサーの松澤千晶さん、主人公役の声優・福山潤さん、モルガナ役の声優・大谷育江さん、大宅一子役の声優・内山夕実さん、東郷一二三役の声優・磯村知美さんが登壇。


 福山さんによると、『ペルソナ5』では膨大なプレイ時間がかかっていたが、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』では従来ある要素もテンポアップがはかられているため、プレイ時間がブラッシュアップされているという。

 つづいて、和田和久プロデューサーが登壇して、『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』の新要素についての説明を行った。

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はテンポアップによってプレイ時間がブラッシュアップ!?【TGS2019】
https://www.famitsu.com/news/201909/15183072.html
新キャラクター
芳澤かすみ
 秀尽学園の1年生で、将来有望な新体操選手として登場。

 和田氏によると、重要な役割を持ったキャラクターで、キャラクターデザインを担当している副島成記氏には珍しくストレートに美少女キャラクターを意識したデザインになっているという。



丸喜拓人
 非常勤のスクールカウンセラーとして登場。

 『ペルソナ5』の登場人物はほとんどが大概なキャラクターだが、このキャラは“いい人で癒しキャラ”らしい。会場や配信番組のコメントでは疑いの声があがるが、和田氏いわくいい人なのは「間違いない」という。


3学期
 メインストーリーの大きな追加要素である3学期の紹介も。男同士で寄り添って寝ている画面写真については、和田氏と福山さんがそろって「誰なんでしょうねえ」とコメント。実際にプレイして確かめるしかないようだ。


吉祥寺
 新たなスポット“吉祥寺”も紹介。和田氏によると、「吉祥寺自体がいろいろな要素が詰め込まれたコンパクトな街だが、ゲーム内の街として表現するのは最適」だという。老若男女が住んでおり、文化的にもおもしろい街でもあるという。


 また、発売が発表されたばかりの『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』デザインのプレイステーション4 Pro本体もお披露目された。

『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』がPS4とコラボしたオリジナルデザインの刻印モデルが期間限定で発売決定!
https://www.famitsu.com/news/201909/12183087.html


チャレンジバトルを実機プレイ!
 つぎに、前作を120時間プレイしたという福山さんによる新要素“チャレンジバトル”の実機プレイが行われた。

 福山さんは「数字を言われるとハードルが上がる」と言いながらも、さくさくとしたプレイを披露し、周りから「早い早い」「早すぎて何が起こっているかわからない」という声が挙がった。7万を超えるスコアを出してクリアー。


 チャレンジバトルには“総攻撃”はなく、弱点や耐性が複雑になっているため、よく見て動く必要があるという。

 福山さんによると、戦闘のボタン操作はかなりスムーズに行えて、テンポよく展開するとのこと。慣れている方はストレスフリーに、初めての方もゆっくり楽しめるようになっているようだ。


 なお、東京ゲームショウ2019で『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』を試遊すると、キラキラしたオリジナルステッカーがもらえる。試遊は混雑が予想されるので、早めに行くことをおすすめする。


舞台『PERSONA5 the stage』では毎公演、主人公の名前を募集
 ここで、舞台『PERSONA5 the stage』の主人公を演じる猪野広樹さんが登場。舞台版のメイキング映像が公開された。

 各キャラクターを演じる出演者の完成度の高さに、登壇者からは歓声が上がっていた。


 舞台場では主人公の名前はないが、なんと舞台版の主人公の名前を募集し、毎回違う名前で公演が行われるという。

 いつ発表になるのかなど詳しい情報は発表されていないものの、舞台の楽しみがさらに増えたことは間違いない。


 猪野さんは、先輩ジョーカーである福山さんに聞いておきたいこととして「福山さんはどういうふうにジョーカーを作られたのか、意識したことはありますか」と質問し、「ジョーカーは少しはっちゃけて演じていますが、プレイアブルキャラクターということで、眼鏡越しのような一歩引いた感覚を意識しています」と福山さんが回答。

 猪野さんは、「舞台に向けてその感覚を心がけて頑張りたい」という意気込みを語った。
いかに心を盗むことができるか
 続いて行われたのは、“心を盗め! 心の怪盗団 回答合わせクイズ”。クイズを出す出題者と同じ答えだった人にポイントが与えられ、一番ポイントが高かった人が賞品をもらえるというもの。

 出題者は、それぞれ自分の演じるキャラクターとしてクイズを出題した。


 1問目は大谷育江さんが「モルガナがいま一番食べたいスシは?」と出題。答えはトロで、磯村さんが1ポイント、絵で回答し疑惑が残る福山さんが0.5ポイント獲得した。


 2問目は磯村さんで、「好きな将棋の駒は?」に対し、答えは「桂馬」。“桂馬”という単語がゲーム内の1シーンに出てくるということだが、正解者はゼロ。



 3問目は内山さんで「密着取材したいP5のキャラは?」というクイズ。答えは「ララちゃん」。正解者は猪野さんと磯村さんで1ポイントずつ獲得。


 最後は福山さんによる「かすみと行きたいデートスポットは?」というクイズで、答えは「吉祥寺」。残念ながら正解者はいなかった。


 クイズにもっとも正解した磯村さんには、賞品としてじゃがりこのリュックがプレゼントされた。「ダークインフェルノじゃがりこ!」と決め台詞も披露。


 最後に、登壇者から本日のステージの感想を語られたあと、舞台版のキャラクタービジュアル公開&特別チケット先行抽選受付開始という情報が発表されて、ステージイベントは終了となった。

『ペルソナ5』舞台化作品のキャラビジュアル解禁。気になる再現度は「どうなの?」
https://www.famitsu.com/news/201909/14183378.html

最終更新:9/15(日) 4:42
ファミ通.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事