ここから本文です

ぼっち少女につらすぎるプールサイドの試練!『エイス・グレード』本編映像

9/15(日) 6:18配信

シネマトゥデイ

 デジタルネイティブの女子中学生を主人公に、ティーンの普遍的な青春を描いた映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』から、ひとりぼっちで無口な主人公が、パリピ感あふれるクラスのプールパーティーに挑む姿を捉えた本編映像が公開された。

【動画】『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』本編映像

 『ムーンライト』や『レディ・バード』『へレディタリー/継承』など、ジャンルを問わず話題作を発表している注目スタジオ「A24」が製作した本作。本当の自分は違うのに「クラスで最も無口な子」に選ばれてしまった少女ケイラが、中学卒業までの1週間で不器用な自分を変えようと、SNSを駆使してクラスメイトたちとつながろうとする姿を描く。

 公開された映像は、ひょんなことから憧れのクラスメイト・ケネディ家のプール開きのパーティに招待されてしまったケイラが、プールサイドへと踏み込む直前を捉えた場面。イマドキの水着で大はしゃぎするプールサイドのクラスメイトに対して、鮮やかなグリーンの競泳水着を身に着けたケイラからは、アウェイ感があふれている。過呼吸になりながらも「一歩踏み出して、普段は行かない場所へ行けば、学校とは違う週末の私を知ってもらえるはず」と自分を奮い立たせ、おぼつかない足取りでプールサイドへ参戦する彼女だが、事態はそううまく運ばない。

 先だって公開されたアメリカでは口コミで話題を呼び、わずか3週間で公開規模が4館から1,084館に拡大された本作。サンダンス映画祭でも喝采を浴び、バラク・オバマ米前大統領も2018年の年間ベスト映画に選出した本作は、どんな青春模様を描くのか。

 メガホンを取ったのは、YouTuber出身の人気コメディアンで、俳優として『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』にも出演したボー・バーナム。主人公ケイラを演じるのは、アニメ『怪盗グルー』シリーズでグルーの娘で末っ子のアグネスの声を担当する若手女優エルシー・フィッシャー。第76回ゴールデン・グローブ賞映画部門の女優賞(コメディー/ミュージカル部門)にもノミネートされるなど本作をきっかけに女優として注目を浴びている。(編集部・入倉功一)

映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』は9月20日よりヒューマントラストシネマ有楽町、シネクイントほか全国順次公開

最終更新:9/20(金) 22:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事